「Fanimal × わんシェフ」対談

「どんなドッグフードが良いのでしょうか?」

良いフードを知るプロジェクト #1

2018/9/12


愛犬の健康のためには、無添加でヒューマングレードで!
いやいや、手作りじゃなきゃダメでしょ!
良い食事を与えたいけど、本当にあっているのかは自信がない。

心の奥ではもやもやしながら過ごしている方も多いと思います。
そんな“もやもや”の助けにならないかと、
“人とペットの健康をサポートする“(株)Fanimalのフード事業部ディレクター福原氏(以下、「福原」)に、犬の手作りごはん専門のレシピサイト「わんわんシェフ見習い中」を運営する(株)コラビー代表の瀧谷(以下、「瀧谷」)が話を伺います。

(全6回目の1回目 : #2#3#4#5#6 へ続く)


愛犬に手作りであげる? フードであげる?


瀧谷: どうでしょう?そもそも「どっちにしようかな??」と悩んでいる方は多いのでしょうか?
私は犬の手作りごはんサイトを運営しているので、周囲は手作りであげている人が多いのですが、“フードにしようかな?手作りにしようかな?”と悩んでいる飼い主さんはそれほどいないようにも感じます。
福原さんはペットフード業界で活躍されているわけですが、いかがですか?

福原: 潜在的には迷っている人は、かなりいると思うんですよ。
多くの方が犬を飼い始めるときは、ペットショップやブリーダーから向かい入れるので「このフードと水以外はあげないでください」と刷り込まれるし、獣医さんから「総合栄養食」であるフードをあげるよう指導されることが多いですよね。
ほとんどの方はペットフードで育てることに、何の疑問も持たずに飼い始めるわけです。
ただ、愛犬が何かしらかの病気やアレルギーになった際に自分で調べて「あれ、これフードが原因じゃないの?」と思ったり、他の飼主さんの話を聞いて「手作りであげてみたい」と思ったりする機会が出てくるわけですが、 “犬と人の栄養は違う”、“総合栄養食(であるペットフード)をあげなくてはならない”という刷り込みを受けているので怖くて手作りには進まず、フードをあげ続けているというのがよくある実際だと思いますね。
潜在的な“手作りであげたい”というニーズは間違いなく多いんだろうな、と思っています。

瀧谷: 私が子供の頃は、何の疑いもなくペットフードをあげる方がほとんどでしたし、
むしろ、いわゆる“味噌汁ご飯”の方もまだそれなりにいて、そういった方には「犬の健康のためにペットフードをあげたほうがいいよ」という目が向けられる時代でしたね。

私は、大人になった今でこそ、ビジネスについてある程度わかるようになって、「ペットフードメーカーの戦略は上手だな」「これをあげなくてはいけないって浸透できたら、みんな買うよな」と思うようになったわけですが、私も子供の頃は、飼っていた犬にペットフードをあげていました。
当時、買っていたペットフードは臭かったし、油がすごかったので「本当に健康にいいの?なんでフードじゃなきゃいけないのかな?」と思うことはありつつも、深く考えずそのままフードをあげてました。
今の飼主さんは、昔の私と違って、なんとなくフードをあげ続けるのではなく、深く考えたり、手作りという選択肢を意識する方も多いんですね。

福原: やっぱり、ネットを中心に、ペットフードは“悪いもの”みたいな声があがったりしていますので、「手作りであげたい」「より自然の素材をあげたい」という飼主さんは増えていますね。グローバルで見たときのペットフードのトレンドを見てもそこが見て取れるかな、と感じますね。

瀧谷: そうすると、福原さんの周りでもグローバルで見ても、“手作りや自然な素材”が頭をよぎる方のほうがむしろマジョリティになりつつあるといってもいいくらいですか?

福原: そうですね。昔は番犬とか使役犬というカテゴリーの中にいた犬が、今は家族の一員として家の中で生活するのが当たり前になっているので、より美味しいもの、身体にいいものをあげたい、という思いが進んできていますね。

メンバー登録がまだの方