「Fanimal × わんシェフ」対談

「どんなドッグフードが良いのでしょうか?」

良いフードを知るプロジェクト #1

2018/9/12


フード選びはむずかしい?

瀧谷: あとは、そう考えると、フード選びがもっと簡単になればいいですね。
フード選びって結構難しくないですか?

福原: 難しいと思いますよ。ある意味、昔以上に難しくなってしまっています。
一つには、供給過多で商品種類もブランド種類も段違いに増えています。飼主にかぎらずペットショップだってキャパオーバーなくらいです。
どのフードメーカーだっていいことを言うんで、どれを選んでいいかわからない。
しかも、メーカー各社さん同じようなことを言うし。最近のキーワードだと「グレインフリー」「グルテンフリー」「ヒューマングレード」「祖先の頃の食事を再現!」ってところですかね(笑)
これらの違いって結局なんだろう?、その違いってそんなに重要?ってなりますよね。
飼主の方々も困ると思います。

だったら、自分の愛犬を見て、愛犬にあったごはんを手作りであげたほうがシンプルでいいんじゃないかな、と思いますよ。

瀧谷: フード事業者の福原さんがそんなこと言ってしまうんですか(笑)?

福原: やっぱり、自分の愛犬を見ることが大事なのに、いいフードを選ぶことに執心して愛犬が置き去りになっているケースもあるのですよ。

瀧谷: おっしゃっていただいた通り、手作りであげるのも一つの手段。
でも、忙しいなどの事情でフードをあげようという方もいらっしゃるし、なんだかんだ言ってもフードが安心だっていう方もいらっしゃいます。そのような方々がフードをシンプルに選べるようになればいいなと思うのですが、中々そうならないですよね。

福原: それは、各社メーカーが自社の売上を上げるために・・・

瀧谷: なんか、不味い質問しちゃいました?不味いこと言い出さないですよね!?(笑)

福原: いやいや大丈夫です(笑)
メーカーも新しいキャッチ―なコピーを作り続けてくるんで、飼い主の方々もついていくのが大変ですよね。
昔は穀物が入ったフードだけだったのに、近年では「グレインフリー(穀物不使用)」が出てきて、次にLID(Limited Ingredient Diets)という原材料を限定したものが出てきて、さらに今度はアンセストラルといって“野生の頃の食事”のコンセプトが出てきていて、またカテゴリーもかなり細分化されているんですよね。

瀧谷: あとフード選びっていう意味では、表示成分のところで、さっきの粗灰分の話のように細かく見る方もいれば、パッと見て諦める方もいると思うんです。
あの表示成分って多い順に左上から書いてあるのがルールじゃないですか。フード事業者の方はあの表示成分を見れば、他社製品であっても「だいたいこんなフードね」みたいな想像がつくものなんでしょうか?

メンバー登録がまだの方