レポート 犬との暮らし

犬の手作りごはん実態調査2014の概要

犬の手作りご飯の実態調査2014

犬の手作りごはん実態調査2014

犬の手作りごはんの専門サイト「わんわんシェフ見習い中」では、飼い犬に手作りのごはんをあげているサイト登録者に対して、インターネットを利用したアンケート調査を実施いたしました。(2014年11月調査実施)
(昨年に続き”いい犬ごはんの日(11月15日)”を記念して実施いたしました)

●2人以上の世帯が大半

飼い犬に手作りごはんをあげている方(もしくはあげていた方)の家族構成を伺ったところ、2人家族が最も多く、続いて3、4人家族が多い結果となりました。単身世帯は10%程度でした。

犬の飼い主の家族構成

 

●1/3が多頭飼い

今まで飼ったことのある犬の数を伺ったところ、7割の方が2匹以上となりました。飼い犬に手作りごはんをあげる方は、数匹飼っているもしくは、繰り返し犬を飼ってきている方が多い傾向にあるようです。
また、3分の1は、2匹以上、いわゆる多頭飼いの方でした。愛犬7匹と暮らしている方もいらっしゃいました。

今まで飼った犬の数

今飼っている犬

 

●年齢はまんべんなく分布

※多頭飼いの方には全ての愛犬の年齢をうかがっています。
手作りでごはんをあげている愛犬の年齢は、まんべんなく分布していました。
10歳以上の高齢犬も2割いらっしゃいました。

犬の年齢

 

●ドッグフードと手作りごはんの併用が多い

飼い犬にどれくらいの頻度で手作りごはんをあげているかを伺ったところ、ドッグフードと手作りごはんの併用が8割、完全手作りごはんの方が2割でした。

犬に手作りご飯をあげる頻度

 

●数食分まとめて手早く作る方と、一食ずつ15-30分調理する方に分かれる

手作りごはんをあげるにあたり、どれくらいの時間をかけて作っているか、また数食分をまとめて作っているかどうかを伺いました。 数食分をまとめて15分以内に手早く作る方が多い一方で、一食ずつ15-30分かけて作っている方も一定数いらっしゃいました。

犬の手作りご飯を調理する時間

 

●手作りごはんをあげる理由は「犬が喜ぶ」「色々なごはんを!」

手作りで飼い犬にごはんをあげている理由を伺ったところ、多くの方が「犬が喜んでくれるから」と「色々なごはんをあげたい」の回答をしていらっしゃいました。
また、「その他」の回答をした方からのコメントとしては、自由回答にて「フードの添加物、保存料の不安」や「フード原材料の安全面の不安」、「手作りごはんにしてから調子が良くなった」などのコメントが目立ちました。

犬に手作りご飯をあげる理由

 

●困り事の第一位は「栄養面の不安」

手作りで飼い犬にごはんをあげるにあたって困っていることを伺ったところ、「栄養面の不安」「食事の分量」の二つが最も多く回答をいただきました。 「その他」を選択した方の自由回答では、「手作りだとカロリーが控えめになってしまう」「栄養バランスが不安」などの回答がありました。

犬に手作りご飯をあげるうえで困っていること

 

<調査方法>
犬の手作りごはんの専門サイト「わんわんシェフ見習い中」上にて、サイト登録者に対しインターネット上でアンケート調査を実施。犬を飼っている(もしくは飼っていたことがある)方のうち、飼い犬に手作りごはんをあげている方を対象。
調査期間:2014年11月20日~12月15日 (N=88)

※本調査に関する問合せについて 「わんわんシェフ見習い中」内の問合せフォームより、ご連絡頂けますようお願い致します。

参考:各年の犬の手作りごはん実態調査

-レポート, 犬との暮らし
-

© 2021 やさしい犬との暮らしの教科書