レポート 犬との暮らし

犬の手作りごはん実態調査2018の概要

犬の手作りごはん実態調査2018

犬の手作りごはん実態調査2018

犬の手作りごはんの専門サイト「わんわんシェフ見習い中」で、飼い犬に手作りのごはんをあげているサイト登録者に対して、インターネットを利用したアンケート調査を実施いたしました。(2018年11月調査実施)
※”いい犬ごはんの日(11月15日)”を記念して実施。

●半数が2人家族+愛犬の家族構成

飼い犬に手作りごはんをあげている方(もしくはあげていた方)の家族構成として、2人家族が約半数です。
1割程度が単身世帯です。

犬の飼い主の家族構成

●初めてのワンちゃん(一頭飼い)は33%、6匹以上を育てた経験がある方は14%

今飼っているワンちゃんが初めてで、一頭飼いの方が33%、一方、現在飼っているワンちゃんが一頭の方が57%。
ここから察するに、ワンちゃんを飼うことが初めてじゃない方は、半数以上が多頭飼いをしているのかもしれません!?

犬の飼育頭数

 

●1~6歳の”働き盛り?”で半数以上

手作りでごはんをあげている仲間の愛犬年齢は、下記のグラフのような分布です。

愛犬の年齢

 

●散歩は、回数少なめ

散歩は1日1回の方も多いようです。
ただ、1回あたりの散歩の時間は30分以上の方が約4割です。

犬の散歩の回数

 

●ドッグフードとの併用が主流

完全手作りごはん派は2割程度。
ここ数年は、ドッグフードと手作りごはんを併用されている方が増えてきました。
皆の愛用フードも今度うかがってみたいと思います。

ドッグフードか手作りご飯か

 

●時間をかけずに作る!

1食ずつ短い時間で作る飼主さんが一番多い結果でした。
数食ずつ作る方も共通して、「短い時間で作る!」です。

犬の手作りご飯を作る時間

 

●手作りで「犬が喜ぶ」「色々なごはんをあげたい!」が皆が考えていること

ダントツで「犬が喜ぶ」「色々なごはんをあげたい!」が理由のようです。
また、自由回答で多かったのが”ダイエット”や”肥満予防”、などのウェイトコントロールです。

犬に手作りご飯を上げる理由

 

●栄養面への関心が上位

例年より少ないものの栄養面に関して心配と回答した飼主さんは少なくありません。
自由回答に
「特に高齢犬になってくると何かしらの病気を発症し、何をあげるのがいいか?と悩む」と書いてくださった方がおり、「なるほど」と感じました。

犬の手作りご飯に関して困っていること

 

●”よく吠える”に関しては、できれば何とかしたいと感じている方が多い

「気にするほどではない」と考えている飼い主さんが多い中で、”よく吠える”に関しては「ちょっぴり、何とかなるといいな」と思っている方が多いようです。
また、今回の項目にはないですが、自由回答で「食べムラ」に関してあげる方が目立ちました。

犬との生活での悩み

 

<調査方法>
犬の手作りごはんの専門サイト「わんわんシェフ見習い中」上にて、サイト登録者に対しインターネット上でアンケート調査を実施。犬を飼っている(もしくは飼っていたことがある)方のうち、飼い犬に手作りごはんをあげている方を対象。
調査期間:2018年11月15日~12月11日 (N=119)

※本調査に関する問合せについて 「わんわんシェフ見習い中」内の問合せフォームより、ご連絡頂けますようお願い致します。

参考:各年の犬の手作りごはん実態調査

-レポート, 犬との暮らし
-

© 2021 やさしい犬との暮らしの教科書