レポート

那須ハイランドパークでの保護犬譲渡数が100頭を突破

保護犬譲渡数が100頭を突破(藤和那須リゾート株式会社にて)

藤和那須リゾート株式会社(以下、藤和那須リゾート)が8月18日、2017年から開始した保護犬譲渡活動にて100頭もの犬を新しい家族の元へ送り出したことを発表しました。

保護された犬

この保護犬譲渡活動は、施設に収容された犬の殺処分数0を目標としており、那須ハイランドパーク内で定期的に開催されています。同社は、譲渡活動以外でも保護犬専用のドッグランを新設するなど、動物保護に対して積極的な姿勢を見せています。

 

合同譲渡会は月に1度開催

現在では、保護犬の譲渡会は月に1度の頻度で開催されています。譲渡会の参加には、駐車料と入園料は不要となっており、出入り自由なため、誰でも気軽に譲渡会に参加することが可能です。

日本はペット大国として知られている反面で、飼い主から捨てられた数多くの犬の尊い命が失われているのも現状です。

藤和那須リゾートは、このような現状を重く受け止め、1頭でも多くの犬の命を救うために「SOS活動」という、犬の保護活動に力を入れています。

(画像はプレスリリースより)

 

▼外部リンク

藤和那須リゾート株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000358.000005736.html

-レポート
-

© 2022 やさしい犬との暮らしの教科書