レポート

有限会社バーデンがペット同伴避難の特別窓口をオープン

ウクライナ、ポーランド、ベラルーシ、ルーマニアなどから日本へ避難する際に利用可能

有限会社バーデン(以下、バーデン)が8月15日、昨今のウクライナ情勢やコロナウイルスの流行による渡航制限で、オーナーと離れ離れになってしまうペットの輸送をサポートする特別窓口をオープンしました。

ケージの中のチワワ今回オープンしたペット輸出入の特別窓口は、ウクライナだけでなく、ポーランドやベラルーシ、ルーマニアなどのウクライナ周辺の国々から日本へ避難する際の、ペットの輸送に利用することができます。

また、ペットの輸送手続きだけでなく、ペットのオーナーの移動の手続きもサポートする意向です。

 

ペットの輸送には多くの手続きとコストが必要

日本では、狂犬病などの海外からの侵入を防ぐため、ペットの輸入・入国に厳しいルールが法律で定められており、煩雑な手続きが必要です。これらの手続きや必要な処置にかかるコストは、すべてオーナーの責任と負担で行わなければなりません。

バーデンはこれまで、海外赴任に同行するペットの引っ越しや海外に移住するペットの輸出入を、幾度となくサポートしてきたペットリロケーターです。

同社は、危機的状況下でウクライナ周辺諸国から日本へ避難してくるペットとオーナーの移動の手続きをサポートすることで、不安な思いをするペットを1匹でも減らしたい考えです。

(画像はプレスリリースより)

 

▼外部リンク

有限会社バーデンのプレスリリース
https://burden1.info/help_ukraine.php

-レポート

© 2022 やさしい犬との暮らしの教科書