おすすめ
キーワード

茹で鷄&鶏レバーと野菜のパテレシピNo.2164の犬ご飯

閲覧数
1697
茹で鷄&鶏レバーと野菜のパテ

この犬ご飯のポイント

鳥レバーや野菜が入ったパテなので毎日メニューではなく時々メニューです。ブロッコリーの茎は余っていたので入れましたが、シュウ酸が気になる場合はブロッコリーか小松菜のどちらか、もしくは入れなくても大丈夫。わんちゃんの体調に合わせてアレンジしてください。

 レシピ詳細

このレシピで想定する犬の体重

食材(2食分) ※分量は、1日に[2食/日]与えることを想定。

  • A 鶏むね肉400g
  • A 水300cc
  • B 鶏レバー50g
  • B 鳥膝軟骨100g
  • B 人参50g
  • B さつまいも50g
  • B 小松菜50g
  • B ブロッコリーの茎50g
  • C ゼラチン5g
  • C 亜麻仁油3g

作り方

  1. 1

    ホットクックにAの水、鶏むね肉をいれて自動メニューのサラダチキンで作ります。約1時間くらい。火の通り具合をみて追加で10分ずつ延長します。
    ホットクックがない場合はお鍋で火が通るまで蓋をして茹でる。

  2. 2

    鍋から茹で上がった鶏ももを出して、ワンちゃんの食べやすいサイズにカットしておきます。

  3. 3

    B の野菜(ブロッコリーの茎サツマイモは皮を剥く)を細かく切り、下茹でします。茹で汁はすてます。(シュウ酸をへらします)

  4. 4

    Bの下茹でした野菜と鳥レバー、軟骨を鶏ももを茹でた茹で汁にいれ、お鍋、またはホットクックの[手動でつくる_スープをつくる_混ぜない]で30分加熱。

  5. 5

    出来上がったら暖かいうちに、ゼラチンを入れてまぜあら熱が取れたらフードプロセッサーにいれてペースト状にします。

  6. 6

    亜麻仁油を加えてまぜ、2食分に分けてタッパーにいれて冷やしてかためます。茹でておいた鶏むね肉を混ぜてかためてもok

 ばくばくレポート

【美味かけ】
腎臓病の療法食を美味しくする手作りトッピング お薦め

【美味かけ】
腎臓病の療法食を美味しくする手作りトッピング

6,970円(税別)

腎臓病を患い、療法食を食べているワンちゃん向け。
愛犬のご飯の時間は、もっともっと素敵な時間になります。

ショップで「美味かけ」を購入

 みんなのレシピランキング

 新着レシピ

レシピ詳細検索

ジャンル
食材(※複数入力可)
キーワード(※複数入力可)
ライフステージ
おすすめポイント
レシピの種類